片しびれのかたから学ぶ日毎安心を忘れない

「不具合な人体」「1パーソンじゃ何もできない」「不憫」
そんな風に難題を持つ方をこころの中で哀れんで要るヒューマンにいくぶん耳を傾けてくれ、五体喜びでいられることがどれだけ幸せなことかをもっと実感して望む、私の日々の生活の中には常々学ぶことばかりだ。

片麻痺と一言に言っても千差万別難題には軽度のかたや重度のかたがいます。右手利きだったかたが麻痺になってしまってからリハビリにより左手半身ですべてのスタートを行ない、右側が使えなくとも口や乗り物を活かし、五体喜びですかたよ器用に嗜好を楽しむ個性をこちらは常々目の前で見ています。日々リハビリに勤しみ、出来ないのは当たり前だと時間をかけても、仮面がどんな物に仕上がろうとも何事も最後まで諦めずに申し込む言動。出てこない言葉づかいをつまづきながらも一所懸命相手に伝えようとする誠実さ。1パーソンじゃ不可能ことを一助を勧めずにでは自分がどれだけ出来るか始終自分の限界まで挑戦する逞しさ。
ほんとうに『通じる』ってこういうことですなとそのかたのみんなから察することが出来ます。

散々苦しみ面倒年々熱中のライフスタイルの中で、弱音を吐かずたえず笑顔でいられる素晴らしさはどこから来るのだろうと不思議な思いがこちらは拭いきれず「どうして特に働けるんですか?」「リハビリは辛くないですか?」というきいてみたことがあります。
誠に答えたか想像してください。

「苦しいに決まってるでしょ」なんて、そういう言葉づかいが返ってくるとしていたこちらにこう答えてくれました。

「こちらは何にも頑張ってない。皆さんがしているようにリハビリという仕事をしているだけ。当たり前の店でしょ?」ってすてきな笑顔で話されたんです。

想像を絶する追及やつらさがあり数え切れない山野や谷をこえてきたからこそ呼べる言葉づかいですというその方を見てその一言で「ああ」と思いました。
リハビリも次はどんなことを決めるかと位置付けるのが明るいのだとも話されていました。

私たちは消して不憫なんかじゃないと全身で訴えているみたいでした。
私たちはこちららしさを忘れず前部を向いて歩いているって…

日々介護の就業で悩んでいる店なんて意外とカワイイ面倒ですなと、前提における五体喜びの人体は当たり前ではないんだといった年々御礼を忘れてはいけないんだといった再び深く憧れ、そして最も自分らしさを忘れず前部を向いて歩いて行こうと背中を押して頂けた事案でした。http://www.codytapp.com/

片しびれのかたから学ぶ日毎安心を忘れない